緊急避妊薬アフターピル「アイピル(ipill)」の通販|お薬通販Navi

ネットで購入できるアフターピルの通販

 

 

管理人が運営する「姉妹サイト」へようこそ!

ネット購入ができるアフターピルのご紹介。アフターピルは避妊失敗時の望まない妊娠を防ぐことが出来る緊急避妊薬。コンドームが破け、妊娠の危険がある緊急時に使用すれば、約95%の確率で妊娠を回避可能ですす。今の避妊方法に心配がある人や、妊娠を避けたい人などは、お守り代わりに持っておくと非常に安心できるお薬と言えるでしょう。

《 目 次 》

  • アフターピルってどんな薬なの?
  • コンドームによる避妊は確率が低い!
  • コンドーム誤使用による失敗例!
  • アフターピルは妊娠を防ぐお守り!

アフターピルってどんな薬なの?

 

アフターピルは別名:緊急避妊薬!

アフターピルとは、別名緊急避妊薬と呼ばれ、コンドームの破損などで起こる望まない妊娠を避ける事ができるお薬です。その避妊率は極めて高く、性行後24時間以内の服用で「約95%」72時間以内での服用で「約75%」の確率で望まない妊娠を回避することが出来るお薬です。

 

アフターピルはどんな時に使用すれば良いのか?

  • 性交時に避妊をしなかった場合
  • 性交時に避妊失敗した場合
  • 避妊失敗の可能性がある場合

性交後、避妊に対して少しでも不安のある場合に飲んでおけば、万が一の事態も防ぐ事ができるお薬と言えるでしょう。

 

アフターピルを飲むタイミングは?

アフターピルの服用は早ければ早いほど避妊の確率が上がりますので、失敗の危険がある場合、スグに飲む事をオススメします。アフターピルは72時間以内飲む事が推奨されており、早く飲めばそれだけ確率が上がるのです。

 

アフターピルで妊娠回避できる仕組み

アフターピルに含まれる女性ホルモン成分がが女性の排卵を遅らせ、精子が子宮内膜への着床を回避することで非常に高い避妊効果が期待できます。

 

アフターピル使用のポイント!

アフターピル(緊急避妊薬)は、中絶薬ではないため、受精卵が着床してから服用しても効果はありません。その為、着床の前に服用することが必須になるのです。

 

これほど安心な避妊薬は他にない!

その為、普段から性交を行なっており、今のタイミングでの妊娠を望まない場合、常備しておくと非常に安心感があると言えるでしょう。

コンドームによる避妊は確率が低い!

 

一般的な避妊方法としてはコンドームを使用している人が大半のハズですが、完璧な避妊という観点から感がるとコンドームは避妊確率が低く、完璧な避妊方法とは言えません。

 

コンドームの避妊確率が低くなる理由!

コンドームは正しく使う事が前提の避妊方法です。その為、間違った認識で避妊を行えば、望まない妊娠の確率が高まってしまうのです。

コンドーム誤使用による失敗例!

 

性行為の途中からコンドームを装着した

普段から性行為を行っているカップの中には、射精の直前にコンドームを付ける人もいますが、これでは避妊の意味がありません。射精を行わずとも、男性のペニスからは精子が出ている場合が多く、これにより望まない妊娠が起きてしまう可能性が多いのです。

 

性行為の途中でコンドームが破損した

コンドームは薄い樹脂で作られています。その為、爪などでコンドームを傷つけてしまい、性行為中に破損してしまう事例が後を絶ちません。

 

射精後すぐにペニスを抜かず、精液が漏れ出した

コンドームの正しい使用法では、射精後すぐにペニスを抜く事を推奨しています。しかし射精後もペニスを入れたままの状態にして、膣内で精液(精子)が漏れ出してしまうケースも非常に多いのです。

アフターピルは妊娠を防ぐお守り!

 

アフターピルは常時使用するお薬ではない!

アフターピル本来の使い方はあくまで「緊急避妊」です。普段の避妊にはコンドームを使用し、仮にコンドームが破けたなどの緊急時に使用するのが正しい使い方と言えるでしょう。

 

性行為時に持っていると安心感が違う!

アフターピルは、常に1錠ストックしておけば、望まない妊娠を防ぐことが出来る「お守り」的な意味合いでも安心感が全く違うものです。今のタイミングで妊娠はマズイ、子供は計画的に作りたいと考えている人は「お守り」として、アフターピルを持っておく事をオススメします。